ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2006/10/22 (Sun) 休止
2006/10/15 (Sun) 帰省&運動会
2006/10/05 (Thu) いやいや。
2006/09/27 (Wed) ピュアホワイト
2006/09/25 (Mon) 4年半ぶり
2006/09/22 (Fri) 雑記
2006/09/19 (Tue) 3連休
2006/09/13 (Wed) 2度目の風邪
2006/09/08 (Fri) 秋・花 独り言

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マシニスト-The Machinist-
監督◆ブラッド・アンダーソン
出演◆クリスチャン・ベイル
ジェニファー・ジェイソン・リー
アイタナ・サンチェス=ギヨン
04年 米=スペイン 102分

【story】機械工のトレヴァー(C・ベイル)は、不眠症で眠れずにいた。トレヴァーは溶接工、アイバンに気を取られ、仲間の腕を機械に巻き込む事故を起こしてしまう。上司や同僚は、アイバンという男は存在しない、と、彼に不信感を抱く。同じ頃、トレヴァーの自宅の冷蔵庫には、首吊りゲームの絵が張られていた。彼は、ますます精神を蝕まれていく。

ネタバレあり クリスチャン・ベイルの劇ヤセが話題になった作品。30キロって痩せすぎじゃないですか!元々、彼は細身のイメージがあります。そんなに痩せて大丈夫なんでしょうかね。映画に対する意気込みは分かりますが、体を大事にして欲しいものです。。。彼の走る姿なんて、壮絶なモノがありますよ(T_T)。さて、映画の内容の方は、今までに観た事のある展開ではありますが、凝った作りで面白かったです。不眠症という設定も巧く利用されてるのかな、と思いましたし。不眠症の理由や、眠れない時に起こる不可解な出来事・・・などね。オチを知ってから再度観るってのも、発見があって面白いのかもしれないです。しかし、彼の立場になったら、不眠症になってもおかしくないでしょうね。留置場で、罪を償う方がいいですよね、ホント。C・ベイルのヤセ姿を観る意外に目新しいものはありませんが、そこそこのサスペンスとして楽しめる作品になっています。

アマゾン

「マシニスト」 【DVD】
クリスチャン・ベール出演作品

スポンサーサイト

テーマ:WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル:映画


ミリオンダラーベイビー-Million Dollar Baby-
監督◆クリント・イーストウッド
出演◆クリント・イーストウッド
ヒラリー・スワンク
モーガン・フリーマン
アンソニー・マッキー
04年 米 133分
※アカデミー賞 作品賞 監督賞 主演女優賞 助演男優賞

【story】ボクシングジムのオーナー、フランキー(C・イーストウッド)は、マギー(H・スワンク)という女性から「私のトレーナーになって!」と頼まれ、あっさりと断るが、マギーは月謝を前払いして強引にジムに通い出す。その熱意と子飼いの選手に去られた寂しさからコーチ役を引き受けるフランキー。やがて彼女は連戦連勝を重ねるようになるのだが・・・。

ネタバレあり 後半の展開が前半とあまりにも違うし、ラストの彼の行動に賛否両論だと思いますが、私はあまりの衝撃に観終わった後、半日くらい、この世界から抜けれませんでした。とってもダークではありますが、素晴らしい作品だと思いました。
私の文章力では、感じた事の半分も巧く表現出来ないのが残念です。映画の中でのクリント・イーストウッド&この作品を作ったイーストウッドに惚れました('-'*)
ストーリー展開としては、特に秀でたものはないかな、と思うのですが、登場人物の心理描写の素晴らしさ、そして彼らの心の結びつきの描き方のキメ細かさ、素晴らしかったです。スクラップとフランキーの関係、そしてフランキーとマギーとの心の結びつき、そしてそれらを強調する彼らの置かれた境遇や過去。巧いですねぇ。
後半でのリング上での出来事に唖然とし、もしやの展開に、先日観た「海を飛ぶ夢」と重ねてしまいましたが、こちらの方が強いものがありましたね。それはやっぱり前半に彼女の生き方を見てたからだと思います。そして、フランキーのとった行動については、書き出すとキリがないないし、個人それぞれの考えた方の違いがあると思うので、あまり触れないでおこうと思いますが、マギーが病室で彼に懇願したセリフがすべてだと思いました。私でもそう願うでしょう。だから本当に辛かった。フランキーの背負ったものはあまりにも大きすぎましたね。
異色のラブストーリー&親子愛だと思います。フランキーが彼女に最期まで意味を明かさなかった言葉にも込められてましたもんね。ヒラリー・スワンクが、昨年アカデミー賞主演女優賞に輝いた時は「2度も??」という気持ちでしたが、納得です。「ボーイズドントクライ」の時といい、素晴らしかったです。素晴らしいシーン、温かいセリフ満載の映画です。そしてラストの展開に現実に突き落とされてしまいますが、映画としてパワーのある作品だと思います。

アマゾン

「ミリオンダラーベイビー」関連商品
クリントイーストウッド監督&出演商品
ヒラリー・スワンク出演作品
モーガン・フリーマン出演作品

テーマ:アカデミー賞/映画賞関連 - ジャンル:映画


マッチスティックメン
-Matchstin Men-
監督◆リドリー・スコット
出演◆ニコラス・ケイジ
サム・ロックウェル
アリソン・ローマン
ブルース・アルトマン
03年 米 116分

【story】相棒フランク(S・ロックウェル)とともに、詐欺稼業を営むロイ(N・ケイジ)。だが、彼は「病的な潔癖性」に悩まされていた。それが、別れた妻との間に娘がいたかもしれない、という潜在意識によるものだと医者に言われたことがきっかけで、14歳になる娘アンジェラ(A・ローマン)との再会を果たす。彼女に次第に心を許すロイだったが・・・。

ネタバレあり ほんとにリドリー・スコット監督の作品?ってイメージです。力入れた大作が多い監督のイメージだけど、今回はいい脚本をめいっぱい生かして、細部にまでこだわって作られてるなぁ、って思いました。で、キャストもすごくいいのです。N・ケイジ巧い!というかはまってました。「アダプテーション」に続く名演だったと思います。コミカルな役、はまるのね、彼。
S・ロックウェルの陽気さもいいですね。A・ローマンは「ホワイトオランダー」の時も思ったけど、子供と大人の微妙なかんじといい、どこか影がある雰囲気がすごくよくて、存在感すごくある女優さんですね。えっと、年齢は24歳だそうです・・・恐ろしい(>_<) 
中盤からは、コミカルな展開の中にも、父親と娘の交流が温かく描かれているのもいいですね。そして、終盤のドンデン返し、、、まさかそんな展開だったとは、、、スティーヴ・マーティンとマイケル・ケインの「ペテン師とサギ師」って映画のオチに似てたなぁ。このオチのまま終わってしまったら、ただのコメディってかんじなんだけど、その後の彼らを描いてるってのが、温かくっていいのかもね。後味のいい、ほんわかとしたコメディでよかったと思います。

アマゾン

「マッチスティック・メン」関連商品
「マッチスティック・メン」関連商品
ニコラス・ケイジ出演作品
サム・ロックウェル出演作品

テーマ:映画・ビデオ・DVD日記 - ジャンル:映画


モーターサイクルダイアリーズ
-The Motercycle Diaries-
監督◆ウォルター・サレス
出演◆ガエル・ガルシア・ベルナル
ロドリゴ・デ・ラ・セルナ
ミア・マエストロ
メルセデス・モラーン
04年 イギリス・アメリカ 127分

【story】52年ブエノスアイレス。医学生、エルネスト(G・ベルナル)は、アルベルト(R・セルナ)とともに、モーターサイクルで南米大陸の旅に出た。エルネストのガールフレンドが住む街に立ち寄ってからチリに入った2人に、様々な出来事が襲いかかる。移民労働者や地元の人々と出会ううちに、彼らはラテンアメリカの真の姿を目に焼き付けていく。

■キューバ革命の指導者チェ・ゲバラの人生を大きく変えるきっかけとなった、友人との南米大陸横断のロードムービー☆ 意外にも普通のロードムービーだったかな。熱き指導者というイメージからか、もっとハチャメチャな旅かと思いきや意外にも真面目な彼に驚きです(ホントのとこは?)。まず、前半は親友との旅の様子が活き活きとと描かれています。でもに、ゲバラは至って真面目。預かったお金には手をつけず、他人には親切・・・。親友はちょっと軽めですが・・・よくあるコンビのパターンだね。旅の道中でのエピソードも、特異なことなないものの楽しめました。気に入ったのは、南米の風を感じられる雰囲気いっぱいってこと。有名な遺跡”マチュピチュ”なんかも見れます。マチュピチュに立ち寄るなんて、かなりハードな旅よね。そして後半では、南米の現状を目の当たりにし、ハンセン病患者との交流で心を痛めるのです。この辺りで、彼の心に沸々としたものが湧いてくるのでしょうねぇ。結局のところ、今後の人生に大きな影響を与えることになった旅。彼は短命になってしまいましたが、後半の彼を見てると、彼はその生き方じゃないと満足しなかったんだろうな、と思いました。意外にも真面目なロードムービーです。個人的には、後半のカラーを前面に出して欲しかったかな、と思いますが、、、。あっ、後半はバイクに乗って旅してませんので、タイトル合わないね。。。しかし、あんなポンコツで南米横断なんて無茶過ぎ・・・。現に何度こけたのよ・・・汗。



アマゾン

「モーターサイクルダイアリーズ」関連商品
チェ・ゲバラ関連商品
ガエル・ガルシア・ベルナル出演作品

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シネマdeシアワセ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。