ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2006/10/22 (Sun) 休止
2006/10/15 (Sun) 帰省&運動会
2006/10/05 (Thu) いやいや。
2006/09/27 (Wed) ピュアホワイト
2006/09/25 (Mon) 4年半ぶり
2006/09/22 (Fri) 雑記
2006/09/19 (Tue) 3連休
2006/09/13 (Wed) 2度目の風邪
2006/09/08 (Fri) 秋・花 独り言

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジ・アイ
監督◆オキサイド・パン
出演◆アンジェリカ・リー
ローレンス・チョウ
チャッチャー・ルチナーレン
(01年 香港・タイ 99分)

【story】マン・ウォン(A・リー)は幼少のころ失明したが、20歳でようやく角膜の提供を受けることができ移植手術を受けた。待ち望んだ美しい世界が見える。しかし、最初はなかなか光に慣れず、薄ぼんやりとしか見ることができなかった。やがてしっかりとものが見えるようになってきたが、普通の人には見えないものまで見えることに気が付く。

■怖くて、ドラマ性もあってなかなか良かった。でも、トム・クルーズがリメイク権を取得した、って事で話題になってたけど、そんなにいいの?っていう印象もありました。トムといえば「オープン・ユア・アイズ」や「アザーズ」などなど、見る目はあるのかな、なんて思っていましたが・・・。いや、もちろんホラーとして十分怖がらせてもらったし、謎解きサスペンス要素もあって面白かったんですよ。やっぱりアジアのホラーは怖いです。びっくりするのではなく、ぞぞ~っていうんでしょうか。。。そして、観ながら、「まずい、、、怖いかも」っていう恐怖感があります。本物の幽霊さんが続々と登場します。それがほんとに怖いんですよ、、、特にエレベーターのシーン・・・びびりました・・・マジで・・・。アンジェリカ・リーの気持ちになって怖がれます・・・。ホラーは恐怖顔がアップになりますので、彼女のように目力が強いと印象的ですね。そういえば「呪怨」の奥菜恵の雰囲気もありましたね。そして、作品の雰囲気が「シックスセンス」や「リング」にも似てたような気もします。

アマゾン

「the EYE 【アイ】」 DVD
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シネマdeシアワセ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。