ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2006/10/22 (Sun) 休止
2006/10/15 (Sun) 帰省&運動会
2006/10/05 (Thu) いやいや。
2006/09/27 (Wed) ピュアホワイト
2006/09/25 (Mon) 4年半ぶり
2006/09/22 (Fri) 雑記
2006/09/19 (Tue) 3連休
2006/09/13 (Wed) 2度目の風邪
2006/09/08 (Fri) 秋・花 独り言

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハリーポッターと炎のゴブレット-Harry Potter and the Goblet of Fire-
監督◆マイク・ニューウェル
出演◆ダニエル・ラドクリフ
ルパート・グリント
エマ・ワトソン
トム・フェルトン
05年 イギリス 157分

【story】新学期、ホグワーツで、100年ぶりに「三大魔法学校対抗試合」が開催されることになる。命の危険を伴う試合のため応募資格は17歳以上と決められていたが、なぜか、4人目の代表選手に14歳のハリーが選ばれてしまう。学校中から「抜け駆け」と冷たい視線を浴びながら、ハリーは他の選手と共に、3つの課題へと取り組む。

■けっこう好評なんですよね、今作。私としては、ん~前作までが100点なら70点ってところでしょうか。原作は1作目の3倍?はありそうな程分厚かったので、それを157分にまとめるにはかなりの力量が必要だったと思います。それゆえに、なぜこのシーンを削ったのか、とか、キャラがえらく薄っぺらいな、という個人的な好みが前面に出てしまい、少し不満気味の作品でした。個人的には前半のダーズリー家のエピソードや、ハリーの恋、そしてロンとハーマイオニーの絡み、贅沢を言えば、ネビルの過去など・・・、そうそう、ハリーのキャラも今作ではかなり大人になり、ちょっと生意気なイメージさえありましたが、そんな雰囲気はほんの少し感じる程度かな、と思いました。今までのメインキャラを前面に出して欲しかった、というのが理想ではありました。でも、そうなると、メインの対抗試合やハリーが難題をクリアしていく様子なんかが削られてしまうんでしょうがね。この辺りの思いってのは、原作を読んだ人、読んでいない人。そして、1作目のような子供向けのファンタジーが好きなのかどうかにもよるんだと思いますがね。とまぁ、文句タラタラと書いてしまいましたが、映像的には素晴らしかったと思います。とうとう登場したヴォルデモート卿は笑えましたけど・笑。仲良し3人組みも、見た目だけじゃなくって、中身も大人になってきてるんだな~と感じ、寂しい気分になったのでした・・・。
スポンサーサイト

テーマ:ハリー・ポッターシリーズ - ジャンル:映画




おはようございます。ブログのデザインがかわったのですね。すごくシンプルで読みやすくていいですね。
CGなど凝ったつくりになっていますが、原作を読んでいるともったいないなと思うことが多々ありますよね。何時間になっても原作あまり削らずにしてほしいなんて思ってしまいます。
今は最新刊の上巻をもうすぐ読み終えるところです。上巻はあまり盛り上がるところがないので、下巻に期待しながら読んでいます。

沖縄で泊まったホテルのビーチサイドで夜この映画を上映していました。波の音がしながらの上映、なかなかでした。
【2006/08/04 11:09】 URL | ろびん #4SZw2tfw[ 編集]
こんにちは~ろびんさん。
わぁ、最新作読んでるんですね!
私も以前は、発売日に買って読んでいましたが、、、、、(>_<)
でも、映画も観たことだし、最新刊読んでみたいなぁ。。。
そうですよね、やっぱり原作の内容はなるべく映像化して
欲しいというのが希望ですよね。
なかなかそうはいかないんでしょうが。
ファンとしては、長くなってもいっこうに構わないんですがね(^^)

ビーチサイドでの上映なんて羨まし過ぎます!!
同じ暑くても、沖縄の海・・・いいなぁぁぁ♪
【2006/08/04 14:34】 URL | TERY #OR85U0UQ[ 編集]
待ち受け画像の検索サイト。掲示板、ディズニー、携帯待ち受け画像、ブログ、ルーキーズなど待ち受け画像に関する各種情報をお届けしています。 http://hadrosaur.tallmadgetitan.com/
【2008/12/03 21:32】 URL | #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シネマdeシアワセ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。